2020年11月18日

1.書店の売上の動向はどうだったのか?

書店経営指標2020年版

『書店経営指標2020』では、アンケートにお答えいただいた書店様の売上高前年比を集計しています。
※調査期間は2019年の店舗ベースの実績値です。

それによると全体平均は98.1%になりました。

2019年度の書店の売上は前年比98.1%という結果でした。
この年のTOPICといえば、「令和」「ラグビーW杯」「消費税10%」などで、書店業界にとっては良い話題の多かった年でした。その様子はグラフからも見て取れます。

2.前年比100%以上の書店は
  どれくらいあったのか?

書店経営指標2021年版

 

全体平均の売上高前年比は98.1%でしたが、前年比100%越えになったのは34.3%でした。

 

売上高が前年をクリアした店舗の割合は34.3%でした。
立地ごとにみると、最も100%クリアの店舗割合が多かったのは、「SC内」の書店で43.0%と約半数の店舗になりました。反対に100%クリア割合が少なかったのは、「商店街」で23.1%と5店舗に1店舗ぐらいの割合でした。この調査は昨年に引き続き2回目ですが、「SC内」と「駅前」は比較的100%クリアの割合が高い傾向がみられています。

 

統計資料・発行物のご案内▶

発行物のご購入 ▶

発行物年版TOPICS▶

\ 書店でかがやく  人を育てる  出版流通学院 /
お申込み・お問い合わせ先
CONTACT

出版流通学院ロゴ

日販 マーケティング推進部 ストアソリューション課
〒101-8710
東京都千代田区神田駿河台4-3
TEL 03-3233-4791 FAX 03-3233-2501
( 受付時間 平日 9:00 ~ 17:30 )
E-mail ryutsu-gakuin@nippan.co.jp